箱根駅伝の価値

今年は、青山学院の見事な優勝で終わった箱根駅伝、、

陸上競技に関係する者、とくにトラック&フィールドに関わっているものにとっては、、

いうても、関東駅伝であって

それほどの意識もないのですが、、
駅伝に関わるのが、学校全体であったり、、

経営側であったりと少し様相が変わってきたこの頃、、

一つの経営戦略になってきたので、、

競技としての価値というか、、

経営的価値というか、、

別なものになってきている傾向が強い。。

 

関東インカレ、全日本インカレで連覇していても

今年の箱根はどうなんだ、、?

っと話題はすぐに変わってしまう。。

 

数年前、東洋大学が初優勝をした翌年、、

なんと受験生が倍になったというし、、

大学にとって受験料はかなりの収益につながる、、
お正月のゴールデンタイム2日間に、、

学校名が映し出されて、

そして連呼してくれる、、

宣伝効果も抜群である。。

最近では、立川で行われる予選会もTV生中継になっているし、、
競技という側面からみると、いかがなものかと感じるところもあるが、、

新しい形として、、

これも受け入れていかなければならないであろう。。

益々、伝統校と呼ばれる学校には厳しい時代が続くのでしょうね。。

スポーツトレーナーが施術する整体院太極治療院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事